風俗ライターが見た札幌

札幌といえば、「すすきの」ここなしで、日本の風俗は語ることはできませんね。

こんにちは。

ボクはしがない風俗ライターをやってます。

「しがない」なんて言葉を使うってところから、もう歳がバレバレですけど、一応まだアラフォー。

スポーツ新聞の片隅の体験記事とかを書いて食いつないでます。

風俗ライターって、いい身分だって思われるかもしれませんが、店側が料金を持ってくれる時はいつもではありません。

覆面の時もあるし、なかなか楽な商売ではないんです。

税務署、怖いから詳しくは言えませんが(笑)趣味と実益を兼ねて・・とか思ってる方も多いかもしれませんが・・・あ、それは一部あっているとして(笑)、なかなか辛い面もある職業です。

ボクのテリトリーは北海道全般。

もちろん、比較対照をしなきゃいけないんで、本州や九州にも飛びますが、基本北海道、特に札幌の風俗街「すすきの」をホームグランドにしています。

バブルが崩壊して、長~いデフレスパイラルの中で、札幌すすきのも大きな影響を受けてきましたね。

一時はたくさんの店が閉店してしまったりで、ほんと大変でした。

ま、風俗店の場合、3年が賞味期限なんで、そうでなくても回転するんですけどね。

しかし、最近は全体に元気を取り戻してます。

面白い店がいっぱいなので、再び楽しめる街になってきました。